勉強法

学校教育法等の一部を改正する法律案

そういえば、6月1日に公布されている「学校教育法等の一部を改正する法律」について記載していなかったので記載します。この法律の目的は、 「教育の情報化に対応し、平成32年度から実施される新学習指導要領を踏まえた「主体的・対話的で深い学び」の視点…

夏ゼミについて

今年も夏ゼミを行います。馬場信幸の短答・論文ステップアップゼミ in summer - 弁理士 学習経験者|LEC東京リーガルマインド今、自分は、夏ゼミ、Lゼミ、短答ゼミとやらせて頂いていることが多いのですが、割と夏ゼミはお薦めです。 自分のゼミ(講義)は…

明日のガイダンス+論文に向けての最後の週末

明日は新宿エルタワー本校でガイダンスがあります。 7月から始まる短答解法講座向けです。今年は短答試験の合格者が多かったのですが、来年どうなるか解りません。 (この傾向が続くとはちょっと考えにくいです)短答試験の勉強は「○」「×」ですので、簡単…

直前は毎回同じこと言っていますが・・・

さて、火曜日。短答試験まで、いよいよ残すところ少なくなってきました。 不安だと思いますが、決して「不安」と言ってはだめです。言霊って言葉もありますからね。 毎日「大丈夫!」「今まで勉強してきた!」声に出して毎日過ごしましょう。皆さん、しっか…

最後の1週間

いよいよ短答試験向けて最後の1週間となりました。色々と焦る気持ちはあると思いますが・・・今までやってきたことを落ち着いて、繰り返し学習するのが一番良い1週間です。「解らない問題が出たらどうしよう?」と思うかも知れませんが、解らない問題が出…

下三法の焦り

答練とか、過去問をやっていると下三法ができないので焦る人が出てくる時期だと思います。ただ、勉強してなければ・・・できなくて当たり前です(笑)勉強してないのに、出来る方が不思議です。 やってないんだから!って気にしないで下さい。 といっても、本…

質問(短答過去問)について

質問があったのでお答えします。 質問です。 現在、過去問の2周目が粗方おわりました。正答率も8割くらいなのですが、答練は上四方が30点行かない状態です。 これからどのような勉強をしていけばよいでしょうか? 入門生の場合、短答過去問の正答率を上げて…

「できること」と「できないこと」

勉強も仕事も同じことですが・・・教わる立場にいる場合、「できないことを認識する」ことが大切だと思っています 勉強してる、教わっているのだから「できない」のは当然ですなので、「できない」ところをまず認識し そこを学習していくわけです ただ、現実…

短答これゼミの教材とか

短答ゼミの教材、ギリギリにできました(ギリギリで色々と申し訳ありません)短答これ問はVer 7.1に上がっています。 Ver7.1は29年追補問題対応版です。これ問は、落とし込みで主に威力を発揮するのですが、実は直前期は「知識の総確認」という意味で非常に…

仕事納め

本日で仕事納めになります。 といいつつ、仕事全然納まっていない、いないのですが・・・ さて、明日から年末年始休暇になるという人も多いと思います。 年末年始休暇、気がついたらあっという間に終わってしまいます。そこで、「ノルマ表」なる、管理シート…

明細書のクセ

ふと思うのですが、他人が書いた明細書って読みにくいと思います。 多分、誰でもそうで、リズムをつかめないのです。 公報を読むレベルであれば気にならないのですが、修正とか、援用とかになると結構大変です。そこでふと思ったのですが、企業の知財って、…

くやしさ

勉強については、「くやしい!」って気持ちが強ければ強いほど忘れないと思います。 間違えたことに「あーやっぱり」というのは、結局忘れてしまいます。この悔しさは、考えた時間が長いほど、必死に考えた程強いと思っています。 予習問題で一生懸命検討し…

論文過去問について

スマート攻略コースの人は重要項目の配信が始まっていると思います。 論文ブラッシュアップは気にしなくても良いので、重要項目に進んでいきましょう。さて、論文過去問は、かなり難しいのですが、この難しいというのは「書けない」という意味です。 確かに…

脳科学

テレビを見ていたら脳科学が云々という番組をやっていました。 色々話をしていたのですが、弁理士受験生でも使えそうなのを2つ。 笑顔で取り組む 一つは少年野球チームが強くなるためには?というものでした。 いつも負けてしまって、中々活躍できないのを…

PCTの落とし込み

講義の中でも割と伝えているはず?ですが、PCTについては落とし込みをしないでください。 他の法域に比べると効果が薄いです。理由は色々あるのですが、一番は「同じ規則が出題されにくい」ということです。 あとは、「条文を読んで勉強する」というのが、規…

ケアレスミスの分類

ケアレスミスについて書いて有るサイトがあったのでちょっとメモ。 NHK テストの花道 - 過去の放送 -「ケアレスミスをなくす!」 短答試験でどうしてもケアレスミスが発生する人。 ちょっとは参考になるかも!?

要領の良い人

今日は短答解法の13回目でした。 若干、前回お伝えした訂正の取扱いの伝え方が不正確でしたので、訂正しました。 申し訳ありません。 試験で直接問われているところではないのですが、一応正しい内容に。さて、この間あるサイトを読んでいたら、仕事で「要領…

短答過去問の落とし込み

さて、時期的に短答過去問の落とし込みを、本格的に取り組んで頂くとよろしいかと思います。方法としては、講座の中で説明していることもありますが、一応再確認。四法対照を使って、過去問で問われているところをチェックするというものです。 問題毎に条文…

質問に対する答え

質問に対して答えを言うのは、知っていればそれ程難しくありません。 答える方もその方が楽なのです。受験生に「なんで間違えたかを考えることが大切」と言っているように、自分も質問者に対しては「なんで間違えているのか」「なんで質問があったのか」を考…

デジタルデータでの勉強

そういえば、以前受講生がリンクしていた記事が面白かったので一つ。 プリントアウトした方が間違いに気づきやすいワケ - A Successful Failure これ自体は勉強の話ではないのですが、デジタルデータと紙との違いが書いてあります。 やはり「紙」で勉強する…

もうすぐ論文試験

あと論文試験まで2日。今日が終わったら明日土曜日だけです。 色々不安に思うことはあるかと思いますが、論文試験は相対評価。 大きな失敗をしないことが大切です。点数を取ることに全力で!試験と言えば、はるか昔自分が免許を取ったときの話。路上の試験…

論文試験まであと4日

残り4日間。焦っても仕方ない!と思えるかどうかの毎日だと思います。 どんなに勉強しても完璧にはなりませんし、解らないことだらけだと思います。 一例を挙げると、商標法は最近は条文の本質的なことを聞いてきたりしています。 そうなると、「趣旨を覚え…

暗記に頼らない勉強

基本的に自分は「暗記に頼らないようにして下さい」といつもお伝えしています。 例えば、論文試験の趣旨問題についても、どんなに覚えていても「知らない趣旨」が出る可能性がある訳です。 知らないから書けませんでしたでは困ります。 短答試験も同じです。…

論文試験まであと7日

いよいよ来週論文試験・・・論文試験前の最後の日曜日です。 今日もキッチリ頑張っていきましょう。ゼミでも繰り返し話をしてきましたが、「広めの論点抽出」は心がけて下さい。 レジュメはどちらかというと「一本釣り」です。 確かにきれいですし、効果もあ…

問題文の言葉

論文試験まであと9日! ついに一桁になりました。「知らないことが出たらどうしよう」と考えるのは良くありません。 知らないことが出てもそれなりに書ける事が重要です。 論文試験は相対評価。難しい判例が出たら、他の受験生も書けませんので、気楽にいき…

大型連休突入

いよいよ大型連休に突入かと思います。 カレンダー通りの人はまだかも知れませんが、どちらにせよもうすぐお休み!って人も多いと思います。 各自最後の追い込み頑張りましょう。大型連休が明けると、本当に「メンテナンスの時期」になります。 逆を言えば、…

短答模試等を通信で解く場合

ときどき受講生に 模試の点数取れないとだめ? と聞いています。皆さんは「点数が低い」=「悪いこと」と思っていないでしょうか? もしかしたら「点数が悪くて怒られた」記憶がずっとあるのではないでしょうか?今の時期、やるべきことは「できなかったとこ…

間違えの種類

過去問や短答答練を解くと、「間違えた問題」が出ます。 ただ、この間違えには種類があります。 この間違えた問題の種類によって復習の仕方が変わります。 この辺を意識していない人も多いので、今日はその点を説明しておきます。 なお、論文試験等でも同じ…

スマート攻略コースとTwitter

今年は講義中にも説明していますが・・・Twitterについて有効活用して下さいとお願いしています。 学習モチベーションの維持や、勉強時間の確保のためにTwitterを上手く使って下さい。 勉強のツールとしてはかなり良いと思っています。あと、受験生がよく使…

初心者向けテキスト

特許庁から、「平成26年度知的財産権制度説明会(初心者向け)テキスト」というのが公開されています。 https://www.jpo.go.jp/torikumi/ibento/text/h26_syosinsya.htm 初心者向けと書いてありますが、書いてある内容は意外にも高度なことまで書いてあります…