引例が優先権主張を伴う場合の29条の2の適用について

出願Aに基づいて国内優先権主張を伴う出願Bがあるとします。
この場合、出願Xの審査において、29条の2が適用される場面の表現については悩ましいと思います。

例えば、

  • 出願Aに発明イが、出願Bに発明イロがが記載
  • 出願Xには発明イが記載

のとき、出願Bが公開された場合に、出願Aのイが公開されたことになり(41条3項)、出願Xは29条の2で拒絶されます。
このとき、引例として記載するのはAなのか、Bなのかというものです。
この辺は条文通りに記載すれば十分だと思いますが、論文レジュメにおいては記載が違うように見える場合もあります。


実務上、自分が担当する分野ではあまり見かけないみかけない事例で、多分今まで1回か2回位しか見たことがありません。
ただ、この場合の拒絶理由通知にはBを引例として記載されます。

例えば、特願2012-281949号の場合は、引用文献5により29条の2が拒絶理由として通知されています。
ここで、本願と引用文献5との時系列は以下の通りです。

  • 特許出願:特願2012-281949(出願日:2012年12月26日)
    • 優先権基礎:特願2011-285305(優先日:2011年12月27日)
  • 引用文献5:特願2012-260209(出願日:2012年11月28日)
    • 優先権基礎:特願2011-260796等(優先日:2011年11月29日)

この場合、引用文献5の出願日は、本願の優先日より後になり、引用文献5だけでは29条の2で拒絶されません。
しかし、引用文献5は国内優先権の主張を伴う出願です。
そして、優先権基礎の出願日(優先日)は、本願の優先日より前になりますので、29条の2で拒絶されるのです。

このとき、拒絶理由の引用文献としては後の出願である引用文献5が記載されています。
したがって、最初の事例でいえば、出願Xの拒絶理由通知においては、出願Bが引用文献として記載されています。

なお、拒絶理由の備考には、基礎出願との関係が記載されています。

優先権主張を伴う先願5の当初明細書の表8(優先基礎出願の当初明細書の表10)には、・・・を含む実施例Xのαがβによる抑制効果を有することが記載されている。
よって、本願の上記各請求項に係る発明は、先願5の当初明細書に記載されている。

解らないこと

講座が進んでくると「解らないこと」がたくさん出てくると思います。
特許法等は規定が入り組んでいるため、最初のうちは「わからないことだらけ」になるのが普通だと思います。

大切なことは「解らないことを理解する」こともあるのですが、「解らないことは解らない」と把握することが大切です。
「解らないものは解らない」と開き直ることも大切です。
2回、3回と繰り返すことで、見えないものが見えてきたりすると思います。
なので、今の時期は「解らない」ってことを、明確にする(メモにする、付箋を貼る)等をして頂ければと思います。


なお、自分としては今は「規定の基礎」を作る時期です。
過去問については解くのではなく、理解することを中心に進めて下さい。
必ず、条文との対応(落とし込み)をするイメージをして下さい。
最初の時期にしっかりやれたかどうかで、後での力の伸び方が違います。
(来年になれば、飽きる程短答試験の問題を解くことになるので大丈夫です)

人それぞれの強み

昨日とある受講生さんと「強みは何だろう?」って話になりました。
事務所でも、指導している弁理士に聞くこともあります。


日本人?の傾向からか、結構自分の弱点を言う人は多いのですが、強みを言う人は少ないと思います。
言わないだけならともかく、それを意識すらしていない人も多いと思っています。


自分の「弱み」と「強み」を把握することは大切だと思っています。
ただ「強み」というと、人と比べて「凄い秀でている部分」「これだけは負けない!」レベルと意識すると思うのですが・・・
実際そこまでじゃなくて良いと思います

弱みだって、その部分について、人と比べて滅茶苦茶劣っている訳じゃないと思います。
例えば、自分は字が汚かったり、暗記が苦手だったりします。
もう100人いたら100番目か!と言われれば・・・流石にそこまでではないはずです。

弱みというのは、平均よりかは下かな?ってレベルです。
だから、強みも平均よりかは上であれば良いと思います。

「まだまだ自分よりできる人がいますから」というのですが、
弱点についても「自分よりできない人」はいるはず何ですけどね

自分の評価には厳しくなる人が多いとは思いますが、
自分の「強み」を伸ばすことをした方が楽しいし、上手くいくと思います


そういえば、自分自身は本当にいい加減に生きてきて
まじめにあまり色々なことに取り組んできませんでした
小学生くらいから、宿題もまじめにやったことなかったです

でも、逆に考えると、「いい加減に手を抜くこと」にまじめに取り組んでいるのではないか?
と、逆転の発想になってきたりしました!

ふまじめをまじめに取り組む!って、何かヘンテコな話ですが
きっとそんな感じなんだと思います(本当か!?)