短答試験過去問集

Twitterではつぶやきましたが・・・短答の過去問集が発売されます。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4844995839

下三法は早いかもしれませんが、四法は揃えた方が良いでしょう。

今回の過去問集を買うと、「得点力アップ短答過去問活用法」という動画を見ることができます。
最後の方のページに、動画視聴の方法が書いてありますので、見落とさないで下さい。


自分は「体系別短答過去問購入後すぐの学習法」という内容で話しています。
お楽しみに!

秋講座(商標4)

今日は基礎力セットアップ講座の最後(商標4回目)でした。
平日の夜にも関わらずお疲れさまでした。

今日は皆さん中々面白いことを答えたりと色々と楽しかったです(自分は)。
段々と慣れて来て、答え方がみなさん解ってきている気がします!

これからも宜しくお願いします。

改正法の施行期日について

ときどきご質問を頂くので回答します。

令和元年改正ですが、先日特許庁から発表があったように「令和2年4月1日」が施行日になります。

しかし、以下の制度は公布の日から1年6月又は2年を超えない範囲ですので、施行日がずれます。

  • 査証制度の創設(特許法)
  • 意匠登録出願手続の簡素化(意匠法)
  • 手続救済規定の整備(意匠法)

意匠登録出願手続の簡素化は、意匠法7条に絡む改正です。
手続救済規定の整備は、特許法5条や、特許法43条の2、特許法43条第6項、第7項を準用する改正です。

なお、PATECHさんの法文集は、査証制度の記載が入っておりますが、個人的には短答試験には関係ないと考えています。
なので、今は該当条文については無視して下さい。


あと、特許庁から改正法のパンフレットが出ましたので紹介しておきます。